×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自己破産ブラックがお金を借りたい時に役立つサイトです!ブラック自己破産の皆さん必見です。

自己破産でもお金を借りたい【ブラックOK!】

jikohasandemokaritai360x120.jpg

自己破産でもお金借りたい


 

自己破産でもお金借りたいの関連記事

  1. 自己破産の方が借入したい場合に目を向けるべき消費者金融のポイント
  2. 自己破産でもお金を借りたい方にオススメ「スカイオフィス」
  3. 自己破産でもお金を借りたい方に必見「アロー」
  4. 自己破産でもお金を借りたい場合にオススメ「アルコシステム」
  5. 自己破産でお金を借りたい場合の不動産担保ローン
 
jikohasandemokaritai360x120.jpg

自己破産の方が借入したい場合に目を向けるべき消費者金融のポイント

自己破産のような金融事故を起こしてしまうと、銀行カードローンや大手消費者金融ではお金を借りる事は出来ません。
自己破産をしてしまうと、もうどこからもお金を借りる事は出来ないのでしょうか。
自己破産をしてしまっても、お金を借りる手段は十分にございます。
自己破産をしてもお金を借りる事が出来る消費者金融のポイントを、詳しくご紹介致します。

自己破産者は借入れをしてはいけない決まりがあるのか

一番気になるポイントといえば、一度自己破産を起こしてしまうと借り入れが出来ない法律はあるのか、という事ではないでしょうか。
銀行の銀行法や貸金業の貸金業法の中にも、自己破産をした人にお金を貸してはいけないという決まりごとは記載されておりません。
そのような法律上での決まりごとは一切ございませんので、自己破産を起こしても金融機関よりお金を借りる事は出来るという意味となります。
自己破産の様な手段を取っているのに、また借入が出来るの?と思われるかもしれませんが、法律上何の問題もございません。
その為、新規で融資を受ける事が可能という事となります。

独自審査の中小消費者金融なら借入出来る可能性がある

審査が甘めなのは中小の消費者金融ですが、中でも自己破産者に優遇した審査を行ってくれるのが、独自審査を行っている消費者金融です。
独自審査とは、その人の属性や債務状態等の事情に合わせた審査を行い、現状を考慮した柔軟な審査とする審査方法です。
自己破産は過去の事ですので、過去にこだわるのではなく今支払い能力があるのであれば審査の対象とする、という考えです。
自己破産をしたというのは今の状態ではありませんので、現在の支払い能力とは関係ないという考えなのです。
独自審査を行っている中小消費者金融の中には、自己破産OKの業者を多く見かけますので、それらの金融業者であれば大いに期待できます。

自己破産をした消費者金融とは違う信用情報機関の消費者金融の検討

自己破産の方は新規借入れが出来ない原因となるのが、事故情報が信用情報機関に記載しされてしまう事です。
自己破産などのブラックな情報というのは、信用情報機関に登録されます。
この情報機関に記載されているうちは、新規融資の審査に通らない可能性があるという事なのです。

信用情報機関というのは3つの機関があり、自己破産をした消費者金融が使っている個人信用情報ではない消費者金融へ申し込むと審査が通る場合がございます。
個人信用情報機関というのは、これらの3つがございます。

株式会社日本信用情報機構(JICC)

アコムやプロミスのような大手消費者金融は、JICCをご利用しております。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

銀行のカードローン等は、KSCをご利用しております。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

クレジットカードや中小消費者金融等は、CICをご利用しております。

自己破産した消費者金融がどの個人信用情報機関を使っているのかを確認し、違う個人情報機関を使っている消費者金融に審査の申し込みをしてみる事は、1つの手段となります。
消費者金融の場合は、JICCかCICのどちらかの個人信用機関を使っております。
自己破産した消費者金融が使っていない個人信用情報機関の消費者金融に申し込むと、審査に通る可能性があるといえるのです。
自己破産をした消費者金融の個人信用情報機関を調べ、同じ個人信用情報機関を使っていない消費者金融のご利用を検討してみましょう。

同じ個人信用情報機関ではない銀行は審査が通るのか

個人信用情報機関が違う金融機関となると、同じ個人信用情報機関ではない銀行でも良いのでは?と思われる方もいらっしゃると思います。
銀行は消費者金融とは違う個人信用情報機関を使っておりますが、その情報というのは銀行にも伝わってきますので、違う個人信用情報機関であっても銀行の審査に通るのは難しいといえます。

基本的に自己破産者の借入は情報記録が消えると可能となる

自己破産の記録が個人信用情報機関に記載されるのは、永久的ではございません。
個人信用情報機関により情報の記録が残る機関は違うのですが、JICCとCICで5年、KSCで10年となります。
この期間を超えると記録が無くなりますので、自己破産をした人とはならないので、融資を受ける事が可能な状態となります。
信用情報機関に登録されても、情報を残す期間を超えて記載してはいけない事となっておりますので、その年月が過ぎると記載登録は無くなります。
自己破産の記録というのは、自己破産をした何年何月何日からと細かい記載がございますので、その期間が過ぎないと記録は消えません。
その為、正確な日付けをきちんと把握しておく必要がございます。
微妙な年月でわかりにくい方は、信用情報機関の閲覧が可能となりますのでチェックしてみると良いでしょう。

自己破産をした消費者金融との契約は難しい

信用情報機関への記録が消えても、自己破産をした消費者金融の審査に通る事は非常に難しいです。
自己破産をした消費者金融には、社内信用記録として「社内ブラック」というものがございます。
その消費者金融で一度自己破産をしてしまうと、自己破産をした人というレッテルは消えません。
その会社内に履歴が残っていると、過去に自己破産をした申し込み者とわかられてしまいますので、まず審査は通らないと言ってもいいでしょう。

自己破産でも利用できる金融機関は良くないのか

自己破産後は、信用情報機関に記録が残っているうちは審査の対象とならない消費者金融がほとんどです。
しかし、ネット等で調べると、自己破産後5年経っていなくても審査の対象となるといううたいもんくを見かける事があります。
このような消費者金融は、よろしくない消費者金融なのでしょうか。
そのような消費者金融はあるようですが、貸金業の許可を持っている業者であれば正規の金融機関ですので問題なくご利用いただけます。
中小の消費者金融の中には、自己破産者のようなお金に困っている方の相談に乗ってくれる業者もおり、原状を考慮して審査の対象としてくれる消費者金融会社もございます。
そのような場合は審査に時間がかかってしまいますが、望みを託すのも1つの方法といえます。

しかし、中には闇金のような宜しくない貸金業者も紛れ込んでいるのも確かです。
必ず貸金業の許可番号をチェックし、正規の消費者金融であることを確認してお申し込みをするようにしましょう。
 


いかがでしたでしょうか。
自己破産者でも、お金を借りる手立てはございます。
しかし、その方法は少ないので、少ない方法に忠実に消費者金融を探すと審査の対象となる消費者金融に出会う事が可能となります。
信用情報機関への掲載期間が大きなカギとなるだけで、ご利用出来るようにはなりますので、心配要りません。
 

 
 ▲上に戻る
jikohasandemokaritai360x120.jpg

自己破産でもお金を借りたい方にオススメ「スカイオフィス」

スカイオフィスは、自己破産等のブラックの方でも審査の対象となると言われている消費者金融です。
審査の柔軟さにより、大変期待できる金融機関です。
どのような消費者金融なのか、詳しくご紹介していきます。

スカイオフィスとはどのような消費者金融なのか

スカイオフィスは、正式名称株式会社スカイオフィスといいます。
以前の名称はニッセイキャッシングであり、名称が変わっただけで同じ金融会社となります。
企業の規模は大きくはありませんが、柔軟な審査を行う事で有名な中堅消費者金融です。
福岡博多区に店舗を構える消費者金融であり、インターネットにてお申込みから融資を可能としているので、全国の方がご利用いただけます。
業歴は10年以上でまだ新参者ですが、とても信頼出来る人気の高い消費者金融といえます。

スカイオフィスは闇金ではありません

スカイオフィスという名称を聞いた事が無い方は、怪しい違法業者じゃないの?と疑いを掛けてしまう方もいらっしゃると思います。
スカイオフィスは貸金業の許可を取っており、貸金業法にのっとった融資を行う正規消費者金融です。
れっきとした融資会社ですので、安心してご利用が可能となります。
貸金業法の金利の上限である20%を超えておりませんので、間違いのない消費者金融です。
闇金のような金貸し屋ではございませんので、安心してご利用いただけます。

スカイオフィスの商品情報

スカイオフィスのローンの商品情報は、これらの内容となります。
  • 審査対象者:20歳以上で安定した収入がある方
  • 融資限度額:1~50万円
  • 金利:15.0%~20.0%
  • 返済回数:最長60回(返済期間最長5年)
  • 返済方式:元利均等返済方式
  • 連帯保証人:原則不要
  • 担保:原則不要

スカイオフィスのメリット

スカイオフィスには、このようなメリットがございます。

自己破産や債務整理等の金融事故の方でもご利用可能

過去に自己破産、債務整理等の金融事故を起こした方に対しても、柔軟な審査を行ってくれたという声が多く挙がっております。
スカイオフィス自体が自己破産者OKとうたっているのではなく、ご利用された方の口コミで広がった情報です。
自己破産者だけれど審査に通ったという声が多く、自己破産者でも期待できるといえます。
しかし中には審査に落ちた方も居ますので、属性の問題でも大きく変わってきます。
過去の債務状態が良くない債権者や債務者の方でも、期待が出来る金融会社です。

アルバイトやパートでもご利用OK

安定した収入がある方がご利用条件ですので、アルバイトやパートの方でも収入が安定していれば審査の対象となります。

審査時間がスピーディーで迅速な対応をしてくれる

様々なサイトや口コミで拝見する声の中に多いのが、審査がとても早いという事です。
最短30分のスピード審査を行っており、申し込みから融資まで物凄く早いのが特徴です。
契約の書類は初回の融資後に送付となりますので、その分審査がスピーディーに行われます。
その為、即日融資にも対応しております。

特に地元への審査に対し柔軟

スカイオフィスは全国対応の消費者金融ですが、本社がある九州の顧客を再優先に営業をしております。
その為、特に九州の方にはオススメの消費者金融といえます。
もちろん全国対応ですので、全国どこの地域の方にも柔軟な対応を取ってくれます。
地元という事で、九州の方には柔軟さを発揮するという事となります。

収入証明書は必要ない

スカイオフィスは借入れ金額の上限金額を50万円としているので、基本的に収入証明書は必要ありません。
ただし、他社借入と合算して100万円を超える場合は、収入証明書が必要となります。

少額融資に対応している

スカイオフィスは、最低融資金額が1万円からとなっており、少額融資も可能となります。
中小の消費者金融の最低融資金額は10万円前後となっている場合が大半であり、小口融資に対応していない消費者金融が多くございます。
あまりにも少なすぎる融資額では少ない利息としからないので、儲けが少ないので最低融資金額を上げている傾向があるようです。
ちょっとお金が必要になった場合でも、スカイオフィスなら対応が可能ですので、快適にご利用いただけます。

インターネット申し込みでスピードキャッシング

申込みから審査通過まで、全てインターネットにて手続きが可能となります。
来店不要で手続きが可能となりますので、家に居ながらご自分の都合に合わせて申し込みが可能となります。
即日融資も可能となりますので、早めにお金を手に入れたい方にオススメです。
自己破産者の場合は審査に時間がかかる事も考えられますので、即日融資としたい場合は平日のスカイオフィス営業時間が開始前にお申し込みをしておく事をオススメします。
朝一で審査をしてくれますので、即日融資となる見込みを期待出来ます。

スカイオフィスのデメリット

スカイオフィスには、このようなデメリットもございます。

他社延滞中の方は審査の対象とならない

現在他社延滞中の方は、審査の対象とはなりません。
他社の借金を現在延滞中であれば支払い能力がない証拠となりますので、スカイオフィスへの支払いも滞る恐れがあると断定されてしまいます。
そのような方には、信用して融資をする事は出来ません。

否決したら連絡が無い

審査に通過しなかった場合、否決の連絡は一切来ません。
審査に通ったのかどうかわからない、という声も多くございました。
予定をしていた時間を超えてもご連絡が無かった場合は、審査に通過しなかったと受け止めるようにしましょう。

カードローンではない

スカイオフィスのローンはカードローンではございませんので、1回の振込融資の後は返済のみとなります。
カードローンの様に枠内で繰り返し融資を受ける事が出来るパターンとは違いますので、不便さを感じる事もあるかもしれません。
再度ご利用したい場合は、追加融資でお願いする事が可能となります。

専業主婦には融資を行っていない

安定した収入がある方が審査の対象ですので、専業主婦の方は審査の対象とはなりません。
他の金融機関では配偶者貸付という物を行っている場合もあるようですが、スカイオフィスの場合は配偶者貸付の手続きが面倒ですので、扱っておりません。


いかがでしたでしょうか。
スカイオフィスは、自己破産者でも借りる事が出来たという口コミが多い消費者金融ですので、自己破産者には期待出来ます。
心配な方は、お電話にてご相談をしてみると良いでしょう。
 

 
jikohasandemokaritai360x120.jpg
 
 ▲上に戻る

自己破産でもお金を借りたい方に必見「アロー」

アローは、自己破産や債務整理を行った方でも審査に通ったという声が多い、自己破産者にオススメの消費者金融です。
アローとはどのような消費者金融なのか、詳しくご紹介していきます。

アローとはどのような消費者金融なのか

株式会社アローは、愛知県名古屋市に店舗がある消費者金融です。
インターネット申し込みを特化しており、大変ご利用しやすいのも大きなメリットといえるでしょう。
アローは、過去に自己破産した方や債務性された方でもご相談可能と、自らうたっている珍しい消費者金融です。
その為、自己破産者に柔軟な対応を取ってくれる事は間違いないといえます。
アローでは、独自審査を取り入れております。
自己破産や債務整理の異動情報が個人信用情報に記録されていても、今現在返済している状況なのかを重視し審査を行いますので、今返済能力があれば問題ないという考えで審査を行います。
このような柔軟な考え方の審査により、事故情報がある方でも審査に通ったという声が多く挙がっているのです。

アローは闇金ではありません

アローは平成12年に出来た比較的新しい貸金業者ですので、名称を知らない方もいらっしゃると思います。
知らない名称は闇金等の良くない金融機関と思ってしまう方も居ると思いますが、アローは正規の消費者金融ですのでご心配要りません。
貸金業登録番号を取得しておりますので、れっきとした消費者金融となります。
経営期間は短く発展途中の企業ではありますが、ご利用される方の目線になって考えて審査をしてくれる金融業者であり、自己破産者にも柔軟な対応を取ってくれる嬉しい消費者金融です。

アローの商品情報

アローのローンの商品情報は、これらの内容となります。
  • 融資対象者:満20歳以上万65歳以下の方で安定した収入がある方
  • 融資限度額:200万円
  • 金利:15.0%~19.94%
  • 返済回数:契約日より5年60回(ご相談の上返済回数を決めます)
  • 返済方式:残高スライドリボルビング
  • 連帯保証人:原則不要
  • 担保:原則不要

アローのメリット

アローのメリットは、これらが挙げられます。

現在の返済能力を重視した審査を行う

アローは、現在の返済能力を最大限に重視した審査を行いますので、過去に自己破産があってもそこはあまり重視しません。
現在安定した収入があり返済能力が高ければ、審査に通ります。
現に、4年前に自己破産をした方でも審査に通ったという声もあり、他の消費者金融では考えられない事です。
また、申し込みブラックの方にも柔軟な対応をしてくれ、ご利用者の立場に立って考えて審査してくれる姿勢がうかがえます。

新規顧客獲得に力を入れている

アローは、他の中小の消費者金融の中でも新しい方の消費者金融です。
その為、顧客を多くゲットすべき対策を取っており、新規申込者の獲得に力を入れております。
その為、過去の自己破産などの金融情報がある方でも、今返済能力があるのであれば審査の対象とするようにしているのです。
その為、過去に自己破産を起こしている方でも、審査に通る可能性が高いと言えるのです。

来店不要で快適キャッシング

インターネット申し込みを行っており、全国どこの方でもご利用可能であり、WEB申込み及び手続となりますので来店不要です。
全てお出かけ不要で手続きが出来ますので、大変快適にご利用いただけます。

審査が早く即日融資にも対応

アローは、最短45分の審査であり、素早い対応を取ってくれます。
すぐに審査結果が出ますので、即日融資も可能となります。
自己破産の方は他の方よりも審査に時間がかかってしまう恐れがありますので、即日審査にはならない可能性もございます。

安定した収入があればパートやアルバイトでもOK

安定した収入があれば審査の対象となりますので、アルバイトやパート、契約社員、派遣社員、請負社員、自営業の方も審査の対象となります。
安定した収入さえあれば、どのような方でも審査の対象となる柔軟さです。
自営業には審査が厳しい消費者金融が多くございますが、アローは確定申告書の提出が可能であれば自営業者でも審査の対象としてくれます。

アローのデメリット

アローには、このようなデメリットがございます。

金利が高い

上限金利が19.94%と高めですが、高めの金利の金融機関は審査が柔軟という口コミが多いので、自己破産者でも審査の対象としてくれる事が理解出来ます。
自己破産の方が審査に通る為には、多少金利が高くても仕方がないと言えるでしょう。

土日祝日の審査は出来ない

お申し込みは365日24時間受け付けておりますが、審査は平日のみです。
土日祝日の融資は受ける事が出来なく、翌営業日の審査となってしまいます。

他社の返済が遅れている方は審査の対象とならない

他社の返済が現在遅れている場合は、審査の対象とはなりません。
返済能力が乏しい証拠となり、アローで融資してもきちんと返済してくれるのか心配な方と断定されてしまうからです。


いかがでしたでしょうか。
このように、自己破産や債務整理を行った方にも柔軟な審査を取る、消費者金融です。
過去に自己破産や債務整理となってしまった方の再出発を後押ししてくれる、とても頼もしい消費者金融なのです。
現在の属性に問題が無ければ自己破産者にも柔軟な審査をしてくれますので、是非目を向けてみましょう。

 
jikohasandemokaritai360x120.jpg
 
 ▲上に戻る

自己破産でもお金を借りたい場合にオススメ「アルコシステム」

アルコシステムは、長期に渡り貸金業を行っている消費者金融です。
ブラックな方にも柔軟な審査をしてくれ、自己破産者にも優遇した審査をしてくれます。
アルコシステムとはどんな消費者金融なのか、くわしくご紹介していきます。

アルコシステムとはどのような消費者金融なのか

アルコシステムは、30年以上貸金業を行っている中小の老舗消費者金融会社です。
兵庫県にある企業で、地元では有名なキャッシング会社となっております。
貸金業法が改定されてから多くの消費者金融が廃業した中、ここまで続いている消費者金融というのは大変優秀といえます。
自己破産者に対しても柔軟な対応を取ってくれる口コミが多く、自己破産者でも安心してお申し込みが可能となります。
派手なアピールを行っていない消費者金融ですので、知らない方も多いと思います。
しかし、安心できる老舗の消費者金融ですので、安心してお任せが出来ます。

アルコシステムはヤミ金ではない

アルコシステムは、貸金業の許可番号を取得している正規の消費者金融です。
貸金業にのっとった審査をしてくれますので、正真正銘の信用できる消費者金融となります。
また、貸金業協会にも加盟しておりますので、立派な消費者金融です。
ブラックの方も審査の対象としているという事で、その審査の甘さが正規金融機関なのではと思われてしまっているようですが、審査が柔軟なだけです。
闇金業者ではありませんので、安心してご利用出来ます。

アルコシステムの商品情報

アルコシステムのローンの商品情報は、これらの内容となります。
  • 審査対象者:20歳以上の安定した収入のある方
  • 融資限度額:50万円
  • 金利:15.0%~20.00%
  • 返済回数:1~60回 最長5年
  • 返済方式:一括返済、元利均等返済、元金均等返済、リボルビング返済
  • 連帯保証人:原則不要
  • 担保:原則不要

アルコシステムのメリット

アルコシステムのメリットは、これらが挙げられます。

自己破産等のブラックの方でも審査対象となる

アルコシステムは、自己破産等のブラックの方でも審査の対象となります。
自己破産の免責後1か月で借入が出来たという声もあり、自己破産に対し柔軟な審査をしてくれる事がわかります。
自己破産や任意整理中、個人再生等の過去の事を審査するのではなく、今の安定した収入に対し支払い能力があるのかを審査されます。
その為、自己破産の情報が個人信用情報機関に記載ある機関でも、審査に通る可能性が高いといえます。
自己破産からの一番短い期間で審査が通ったという声があったのが、アルコシステムです。

素早い審査で即日融資が可能

アルコシステムは素早い審査も有名であり、申し込みから数時間後で可決し即日融資となったという声が多く挙がっております。
当日融資対応も可能ですので、早くお金を手にしたい方に大変オススメです。

電話対応が大変丁寧

アルコシステムのスタッフさんは、お電話の担当者の対応が物凄く丁寧と大変評判が高いです。
消費者金融の対応は乱暴なイメージをお持ちの方も多いと思いますが、アルコシステムは女性のオペレーターの方も男性のオペレーターの方も評判が良いので、安心して受け答えが出来ます。
中小の消費者金融とは思えない程、快適ですよ。

銀行振込融資なので便利

アルコシステムの融資は、銀行振込融資となります。
家に居ながらご自分の口座に融資金額が入りますので、大変便利です。

今は保証料は取られない

アルコシステムは、以前は保証料を取られていました。
外部の保証会社に入ってもらう為、融資金額の10%の保証金額を支払わなければいけないという理由からです。
審査通過後の融資後に支払うので事前のお金は不要ですが、保証料を支払わない消費者金融が多いので大きなデメリットとなっておりました。
しかし、2015年ごろから保証料を取らなくなり、現在は取られないようですので安心してご利用いただけます。

お得なキャンペーンを行っている事がある

アルコシステムでは、お友達紹介キャンペーンというものを行っている時がございます。
お友達を紹介し、お友達のご利用金額に合わせてキャッシュバックプレゼントをもらえるという事です。
いつも行っているキャンペーンではございませんので、是非公式ホームページをチェックしてみると良いでしょう。
この様なキャンペーンは、消費者金融ではあまり行っておりませんので、大変珍しいです。

アルコシステムのデメリット

アルコシステムには、このようなデメリットがございます。

上限金利が高い

上限金利は20.0%であり、高利率となっております。
しかし、自己破産等のブラックな方でも審査の対象となる消費者金融ですので、金利が高くなってしまうのはやむを得ないともいえるでしょう。

増額の際厳しい

増額申請の際、厳しい対応を取られてしまったという声が多く挙がっております。
最初に決定した希望融資金額よりも増額にする事は、難しい場合もあるようです。

ATMでのご利用が出来ない

銀行振り込みでの融資ですので、他のカードローンのようにATMでのご利用は出来ません。
その為、銀行営業時間内のみの融資となってしまいます。

返済も銀行振り込みのみ

返済もアルコシステムの指定口座への振り込みとなりますので、ご自分で日にちを把握して振込返済をしなければいけません。
銀行引き落としのように勝手に引落しをしてくれる方式ではございませんので、手間がかかってしまいます。

他社の返済が遅れている場合は審査の対象とならない

他社の支払いが現在遅れている場合は、審査の対象とはなりません。
他社の借入の返済が遅れている場合は、アルコシステムで融資をしても期日通りに支払いをしてくれる人と断定されないかららです。
他社の支払いが延滞している人には、支払い能力の高さを感じる事は出来ません。

アルコシステムの名前を語る詐欺が発生している

アルコシステムの名前を名乗っている詐欺が発生しており、手数料等を取られてしまう被害が発生しているようです。
アルコシステムでは、金銭を要求する事はございませんので、このような話を持ちかけられたら絶対に関わらないようにしましょう。


いかがでしたでしょうか。
自己破産の方でも審査の対象となったという口コミが多い消費者金融ですので、期待してお申し込みが出来ますよ。
口コミ評判は高いので、安心してご利用が出来ます。

自己破産でお金を借りたい場合の不動産担保ローン

自己破産の経験があって年数が浅い場合は、一般的なフリーローンのご利用は出来るのか不安に思う方もいらっしゃると思います。
そんな方に目を向けてほしいのが、不動産担保ローンです。
文字通り不動産を担保としお金を借りるローンなのですが、中には自己破産の方でもご利用出来る不動産担保ローンがございますので、是非注目してみましょう。

不動産担保ローンと自己破産者との関係

不動産担保ローンは、過去に自己破産をしていてもご利用は可能です。
自己破産から7年経っている場合は、ご利用出来る不動産担保ローンは多くあると言われております。
しかし、自己破産から7年未満の場合は、ご利用が難しい不動産担保ローンもございます。
自己破産から7年未満の方は、金融ブラックでも対応をしてくれる不動産担保ローンのご利用を検討するようにしてみましょう。

金融ブラックでも対応してくれる不動産担保ローンとは

金融ブラックでも対応してくれる事で有名な不動産担保ローンは、日宝の不動産担保ローンです。
日宝の不動産担保ローンは、過去の金融ブラックがある方でも審査の対象となります。
自己破産の方も審査の対象となりますので、期待してご利用が可能となります。
現に自己破産や債務整理中のようなブラック情報の方でも、不動産を担保にして保証人なしで審査に通ったという方もいらっしゃいます。

不動産新規購入でも借入れ対象となる日宝の不動産担保ローン

日宝の不動産担保ローンの珍しいポイントといえば、現在不動産をお持ちじゃなく新規購入した不動産に対して担保としてローンを組む事も可能となります。
新規購入物件を担保とする場合は、保証人が必要となります。
不動産を現在お持ちじゃない方も不動産担保ローンの対象となりますので、本当にどなたでも審査の対象となる不動産担保ローンなのです。

日宝の不動産担保ローンのメリット

日宝の不動産担保ローンには、このようなメリットがございます。

全国対応

不動産担保ローンの多くは、その金融機関がある近郊のみを担保の多少とする場合が大半です。
しかし、日宝の不動産担保ローンは、全国どこの不動産でも担保の対象としてくれます。
遠い田舎の不動産でも審査の対象となりますので、大変助かります。

他社の不動産担保ローンでは使ってくれない不動産物件でも担保可能

不動産担保ローンの不動産担保は、不動産としての価値が十分な不動産じゃないと担保とする事は出来ません。
しかし、日宝の不動産担保ローンは、あらゆる不動産でも担保の対象としております。
借地権、底地、共有名義、調整区域、再建築不可物件等、他社の不動産担保ローンでは考えられない不動産担保であっても、担保として可能とする事が出来ます。
田舎の古い物件も、担保と出来る可能性があります。

使途用途自由

使用目的自由ですので、どのような使い方でも可能となります。
金融機関によっては使途用途が決められている場合もございますが、日宝の不動産担保ローンは融資金の使用目的は自由となります。
おまとめローンに使われる方もいらっしゃり、開業資金など事業性資金として使われている方もいらっしゃいます。
新規事業計画の段階や赤字決済の経営者でも借入が可能となった方もいらっしゃいますので、実に審査に対し柔軟なのがわかります。

借入限度額が高いく金利が低い

日宝の不動産担保ローンの借入限度額は、50万円~5億円です。
担保とする不動産によっては、多くの金額の融資が可能となります。
また、金利の上限は9.9%であり、一般的なフリーローンよりもお安いのがわかります。

返済期間が長い

返済期間は、最長30年となっております。
借入金額が高い場合でも、返済期間が長いので余裕のある返済が可能となります。

他社借入があってもご利用出来る

他社からの借金が現在残っていても、担保とした所有不動産の評価額と他社ローンの差額に一定の幅があれば、ご利用は可能となります。
借入金額の内容にもよりますが、多重債務者の方でも審査に通ったという声も挙がっております。

長期に渡り金融業を行っている

日宝は、30年以上に渡り貸金業を続けている金融機関です。
信頼が大変高い金融機関であり、大変多くの方がご利用されております。

日宝の不動産担保ローンのデメリット

日宝の不動産担保ローンには、このようなデメリットがございます。

融資希望額と評価額が折り合わない事がある

不動産の価値が低く、理想としていた融資希望額よりも少なくなってしまう事もございます。
不動産の価値により大きく左右をしますので、ご自分の理想の融資額になるような不動産を用意する事が重要となります。

支払いが滞ったら不動産を取られてしまう

不動産を担保として借入れを行っておりますので、支払いが滞ってしまうと不動産を取られてしまいます。

融資額と担保の不動産の評価額が折り合わなくなったら追加返済となる

当初の融資額と、担保とした不動産の評価額が折り合わなくなってしまう事があります。
不動産というのは日に日に評価が下がってしまいますので、ローンの審査の際に査定した不動産の評価額よりどんどん下がってしまう事はよくある事です。
融資額と不動産の評価額が折り合わなくなってしまうと、その差額を追加融資となってしまう事もございます。

いかがでしたでしょうか。
申し込み者に対し最大限の審査にし、多くの方にご利用いただこうと考えているのが、日宝の不動産担保ローンです。
個人情報の債務状態が良くない方も審査の対象となりますので、自己破産者の方にも頼もしい存在です。
自己破産などブラックの方は、不動産担保ローンのご利用が難しい消費者金融が多くございます。
確実に審査に通りたい場合は、日宝の不動産担保ローンがオススメとなります。

 
 ▲上に戻る
jikohasandemokaritai360x120.jpg